来年から相続税の増税に関することがテレビや新聞などに紹介されているせいかFPとして相続の相談が確実に増えてきています。今までかからなかった相続税がかかってくる大衆課税になります。 実は遺産の分け方が原因で、でもめて調停している件数がH24で8,740件、もめている人の7割が遺産5,000万円以下となっています。今の相続は遺産が少ないほどもめているようです。家計が厳しい兄弟・姉妹にしてみれば、相続財産は「棚からぼた餅」財産額100万円でもケンカになってしまいます。また相続財産の5割以上を土地・家屋が占めています。不動産はケーキみたいにナイフで分けられない、トラブルの原因になる可能性があります。「争族」とならないためには、「遺産分割対策」として分けやすい現金の準備、つまり対策の1つとして生命保険の活用を! 相続はさまざまな側面を持つもので士業の方につなげ、よりベストな状態で問題解決を実行するためのグループを立ち上げました。ブログ記事の上記にあります、「神戸三田相続後見センター」をチェックしてください。 住民のみなさんの生活向上と地域の発展に貢献することを目的として、日常生活問題に関するアドバイザーの育成・教育・普及・情報提供・セミナーと相談会の開催など三田市に事務所を置く、三田市商工会会員の行政書士、税理士、弁護士、司法書士、社会保険労務士、FPの有資格者からなるグループです。 この度、当センターでは、今年から三田市出身の歌手・北洋子さんと共同し、相続後見出前講座「聴いて幸せ、歌と相続」と題して始めました。たくさんのお声かけくださいますようよろしくお願いいたします。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM